最新のお知らせ ~what's new!~

  • スズメバチの駆除事例 先日ニュースで、「車いすの高齢の女性がスズメバチに150ヶ所以上刺されて死亡する。」といった大変ショッキングなニュースがありました。私も、ほぼ毎日スズメバチの駆除を行っておりますが、巣を作られてしまった家の施主さんが、刺されてしまっているケースがよくあります。これは、先日駆除を行った60cm程のキイロスズメバチの巣でした。この家の施主様もこのスズメバチに刺されてしまいました。今の時期は、スズメバチの巣も大きくなり、ハチの数もかなり多くなっています。うかつに近づいたり、巣に刺激を与えたりすると、一斉にハチが襲い掛かってきます。このような巣を見かけた場合、絶対に近づかないでください。駆除作業中も大量のスズメバチに囲まれながらの作業でした ...
    投稿: 2017/10/11 7:19、丹羽隼
  • アメリカカンザイシロアリ 先日、横浜市内N様邸にて、アメリカカンザイシロアリの駆除作業を行いました。こちらのキッチン吊り棚から、「粒状の粉が落ちてくる」との事でした。吊り棚を外してみると…棚上部には大量のアメリカカンザイシロアリの糞がたまっていました。さらに、棚の木材を解体し…中を見てみると…ぎゃぁ~~~!おびただしい量のアメリカカンザイシロアリが出てきました!最近ニュースでよく聞く、ヒアリやセアカゴケグモも外来種ですが、このアメリカカンザイシロアリも立派な外来種です。日本でよく言われるシロアリは、ヤマトシロアリやイエシロアリです。これらのシロアリは、土の中から家屋に侵入してきますので、床下へのシロアリ対策が有効なのですが ...
    投稿: 2017/09/22 9:51、丹羽隼
  • ジグモ 先日、現場作業の休憩中にジグモを見つけました。体長2センチほどのクモです。このちょっとグロテスクな見た目と色で、毒グモ!?と、思ってしまう人もいるかもしれませんが、毒はありません。これが、ジグモの巣です。家の基礎際などに、袋状の巣を作り土の中に潜んでいます。この袋に、ダンゴムシやアリ・ヤスデなどの歩行性の昆虫が触れると、袋越しに噛付き麻酔をします。その後、巣の中に持ち込み捕食するのです。このジグモには、ちょっと変わった面白い習性があります。手で捕まえたりすると、牙を曲げて自分の腹を切り裂いてしまう習性があるようで、別名‟サムライグモ”や‟ハラキリグモ”とも呼ばれます。ジグモ「捕まってしまったぁ ...
    投稿: 2017/09/11 12:29、丹羽隼
  • 高所作業 当社HPをご覧頂きありがとうございます。前回のハチ駆除事例でも書いたように、この夏も連日スズメバチやアシナガバチの駆除を行っております。今回は、通常の脚立やハシゴでも作業ができないような高所のハチ駆除現場事例を紹介いたします。この現場は、道路の高架下にスズメバチの巣が出来ていました。下の道路からは、高さ10m位の位置での作業でした。下の道路は通学路でもあったので、被害の出る前に駆除が完了出来て、嬉しく思っております。こちらの現場は、住宅街の樹木内に大きなミツバチの巣が出来ていました。樹木なので二段梯子がかけられず、高所作業車を使っての作業になりました。電線をかわしながら慎重に作業致しました。ミツバチの巣撤去完了 ...
    投稿: 2017/09/07 9:19、丹羽隼
  • スズメバチ駆除・アシナガバチ駆除 当社HPをご覧頂き、ありがとうございます。この夏は、ほぼ毎日のようにスズメバチやアシナガバチの駆除を行っております。今回は、スズメバチやアシナガバチ駆除の現場施工事例をいくつかご紹介いたします。まずはこちら、横浜市内の某お寺です。(※場所を特定されないように、写真を一部加工してあります。)お寺に屋根の裏側、しかも最上部…どうやってハシゴかけるんだよ…(泣)と思いましたが、何とかうまく二段梯子で、作業できました。30cm程のコガタスズメバチの巣でした。お寺の梁や柱を傷つけぬように慎重に作業し、うまく駆除することができました。お客様にも喜んでいただき、嬉しく思っております。(^^)次もコガタスズメバチの巣です ...
    投稿: 2017/08/25 10:00、丹羽隼
  • 煙突からの物音…その正体は? 残暑見舞い申し上げます。お盆も休まず営業中の富士ライフ・丹羽です(^^)/先日…‟暖炉の煙突から物音がするので、見てほしい”とのご依頼をいただき、現場に急行いたしました。現場に行ってみると…確かに、煙突の下の部分から「カサカサ!」と音がしています。音から推測するに…ネズミやコウモリなどの小動物だろうと思いました。こちらの暖炉は、現在使っていないそうで…煙突の下部分をアルミテープで塞いでありました。これを剥がせば、中の動物を取り出せるかな?いや…でも…逃がしたら…家の中に逃げ回るかも…?どのように捕獲すればいいのか?少し考えて…「土のう袋をガムテープで張って、袋越しにアルミテープを剥がして、捕獲作戦 ...
    投稿: 2017/08/10 12:47、丹羽隼
  • シロアリの被害 先日シロアリの消毒作業で床下に潜ったところ…こんなものを発見しました。木製の脚立です。床下に長らく収納されていたようで…シロアリの被害にあっていました。あちこち、ボロボロです…((+_+))もうこれでは、本来の脚立の役目を果たすことができません。この様に、シロアリが加害するものは家の材木だけとは限りません。木製品はもちろん、段ボールや書籍・発泡スチロールなども加害します。よく床下に、段ボールや木製の箱などを収納しているご家庭を目にしますが、できればやめた方がいいと思います。あと、床下に物を入れすぎると、床下通気が悪くなってしまうので、床下に物がたくさん入っているご家庭は、一度大掃除されてはいかがでしょうか
    投稿: 2017/07/13 15:33、丹羽隼
  • ヤネホソバ 先日横浜市内の高層マンションにて、バルコニーに毛虫が大量発生しているという現場に伺いました。高層マンションの23階でケムシ???最初は、ちょっとイメージがわかなかったのですが…現場に行き、大量発生している毛虫の正体が分かりました。バルコニーのデッキに発生いているグレーの毛虫は…‟ヤネホソバ”でした。このヤネホソバは、苔(コケ)を食べる蛾の仲間です。そしてこの毛虫の‟毛”には、毒があり、うっかり触ってしまうと皮膚がかぶれてしまします。このような毛虫の毛を‟毒針毛(どくしんもう)”といいます。4月に完成したばかりの見晴らしの良い、おしゃれなバルコニーでした。ウッドデッキの材料に古材を使ったようで… ...
    投稿: 2017/07/04 7:35、丹羽隼
  • 床下の廃材 先日、川崎市内のM様邸にて、床下のシロアリ調査を行ったところ…びっくりする光景に出くわしました。床下に潜り…「えっ!?」行く手を阻む…瓦礫の山!!今まで、数多くの床下に潜ってきましたが、ここまでの量の廃材は初めて見ました。これでは、シロアリの調査どころではありません。お客様に、床下の写真を見ていただき、状況を説明した所…以前にリフォームした業者が解体した廃材を床下に埋めたとの事でした。お客様も、床下に廃材がある事は、ご存じだったようですが…ここまでとは思っていなかったらしく、とても驚いていました。このままの状態では、シロアリの消毒作業も行えませんし、そもそもシロアリ被害があるのかすら把握することができません ...
    投稿: 2017/06/22 3:57、丹羽隼
  • 白いゴキブリ 横浜の害虫駆除屋、富士ライフの丹羽です。当社HPをご覧頂きありがとうございます。今回は「白いゴキブリ?」です。皆さんは。白いゴキブリ見たことありますか??ゴキブリといえば、上の写真のような黒くてデカい!これですよね?一般家庭で、よく見かけるクロゴキブリです。黒光りして…カサカサ動く…ゴキちゃん!嫌いな方も多いと思います。ちなみに、害虫駆除の仕事をしておきながら、私もゴキブリ大嫌いです(笑)そしてこちらは、飲食店などによく発生する迷惑者!チャバネゴキブリです。この写真のチャバネはメスです。お尻のところに、カプセルみたいなのが付いているのが分かりますか?これは卵鞘(らんしょう)と言い ...
    投稿: 2017/06/09 17:47、丹羽隼
  • ヤマトシロアリ 5月も中旬になり、21日には十二四節季の“小満”(しょうまん)を迎えます。※陽気が良くなり、草木が成長して茂る頃。とうい意味だそうです。暦の季節も移り変わっていきますが、春から夏に向けて虫たちの活動にも変化が見られます。4月の終わりころ、藤の花が綺麗に咲いていました。私の経験では、毎年、藤の花が咲いた後に、ヤマトシロアリが羽蟻になって飛び立ちます。4月27日に横浜市内のM様邸にて、羽アリ発生!大至急、現場調査を行いました。床下にあった被害材からも、たくさんのヤマトシロアリが見つかりました。被害材の中から出てきた…!!!ヤマトシロアリです。※因みに…この頭の丸い形をしているのが職義(しょくぎ)です ...
    投稿: 2017/05/18 7:12、丹羽隼
  • ハクビシン 横浜の害虫駆除屋、富士ライフのHPをご覧いただきありがとうございます。今回は、害虫…ではなく!害獣!ハクビシンの閉塞作業の現場事例をご紹介します。あまり画像が鮮明ではありませんが…これがハクビシンの写真です。一見、かわいらしい顔立ちのネコにもタヌキにも似ている動物です。おでこから、鼻にかけて縦に白いラインが入っているのが特徴です。ハクビシンは、漢字で“白鼻芯”と書くようにこの縦ラインは特徴的ですね。また、夜行性の動物の為、夜中や明け方に活動します。今回は、このハクビシンがとあるアパートの天井裏に侵入し、入居者から「天井で動物の鳴き声や足音がする」との相談があり調査~施工にあたりました。調べてみると ...
    投稿: 2017/04/24 6:01、丹羽隼
  • モンシロドクガ 3月5日の啓蟄(けいちつ)を過ぎ、来週20日には春分を迎えます。まだまだ、肌寒い日はありますが、桜の木も少しづつ蕾を付け始めましたね(^^)/現場作業の休憩中に、ふとナンテンの木を見ると…モンシロドクガの幼虫がいました。まだ体長1センチほどの小さな幼虫でしたが、虫たちの活動も徐々にスタートしているんだなぁ~と感じました。ちなみに、このモンシロドクガの毛は“毒針毛(どくしんもう)”という毒をもった毛です!うっかり触ってしまうと皮膚がかぶれてしまうので注意してください。その他、春の訪れを感じた虫たちこちらは、ユスリカです。蚊の仲間ですが、吸血など人を刺したりましません。クロアリも冬眠から目覚め、活動再開しています ...
    投稿: 2017/04/25 2:26、丹羽隼
  • 情報発信fromかながわ・第53号(会社訪問) 2月24日(金)に神奈川県ペストコントロール協会の定時総会に参加させて頂きました。日頃から神奈川の衛生管理や害虫駆除等を行い、県民の公衆衛生向上図っている当協会の一員として無事に定時総会を行う事が出来良かったと思っております。同業の方達とも交流を図ることが出来、とても有意義な時間でした。総会の資料と一緒に、2016年の協会紙がを頂きました。その中で、《会社訪問》の記事で当社を取り上げて頂きました。インタビュー及び文章や写真の構成をしていただきました、鵬図商事株式会社 芝生様本当にありがとうございました。貴重な協会紙に5ページ!しかもカラー!感謝申し上げます。今後も当社、富士ライフは神奈川県ペストコントロール協会の一員として頑張っていきます ...
    投稿: 2017/03/02 7:01、丹羽隼
  • ネズミの被害現場・事例あれこれ 富士ライフのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、当社で行ったネズミ駆除施工をいくつかご紹介いたします。まずは、東京都内のマンションです。室内にネズミが出てくるというので、調査しましたが…室内にネズミの出入りできそうな穴は、見当たりません。しかし、レンジフード上部カバーを外すと…思った通り!侵入経路を発見しました!ここを塞ぎたいのですが…狭くて作業が出来ない…ならば、全て解体して閉塞作業だ!という事で、レンジフードを取り外しました。しっかり閉塞し、レンジフードを元に戻しました。その後、室内へのネズミの侵入は無くなりましたが、マンション全体での対策は必要です。別の現場では、トイレの天井から ...
    投稿: 2017/02/23 7:00、丹羽隼
1 - 15 / 90 件の投稿を表示中 もっと見る »