最新のお知らせ ~what's new!~

  • アライグマ・ハクビシンの建物侵入防止対策 富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。当社では、最近建物に小動物が侵入して、天井や床下から物音がするといった、相談を多く受けております。小動物の侵入で1番多いのが、ネズミので、次に多いのがハクビシンなのですが…今回は、アライグマの侵入被害にあった現場をご紹介します。現場は、横浜市内の某アパートでした。写真を見てわかる様に、建物の正面に基礎がありません。これは、古いタイプの某ハウスメーカーの建物ですが、この様な基礎のでは、床下に動物は入り放題となってしまします。建物裏側も同様に、基礎が無い構造となっていました。この様な現場の場合、まず行うのが侵入防止の為の閉塞工事です。今回使用したのは ...
    投稿: 2021/03/12 1:05、丹羽隼
  • ムカデ返し・SCキーパー取付作業 富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。当社では、年末年始と‟ムカデ返し”SCキーパーの取付作業を多く承っております。SCキーパーは、ムカデなどの歩行性侵入不快害虫対策に効果的です。今回は、SCキーパーの取付作業事例をご紹介致します。建物の基礎、水切りの下にベースのレールをコンクリートビスで取付ていきます。ベースレール裏の隙間から侵入されないように、コーキング剤で隙間も丁寧に埋めていきます。ベースレールには、薬剤の充填も行います。こうする事により、物理的侵入対策にプラスして、科学的防除も同時に行えます。薬剤充填後のベースレールです。ムカデ対策で、建物の基礎周りに薬剤を撒く方も多いと思いますが ...
    投稿: 2021/01/20 1:31、丹羽隼
  • 秋の毛虫に要注意。 富士ライフHPをご覧いただき、ありがとうございます。秋も深まってきましたが、当社ではここのところ毛虫に関する相談を多く受けております。毛虫というと初夏のころに発生するイメージが強い方も多くいると思いますが。秋口にも発生する事が多くありますので、注意が必要です。先日も、椿の木にチャドクガの発生がある現場の駆除作業を行ってきました。見るからに気持ちの悪い毛虫のチャドクガです。ふわふわに見える毛は、毒針毛(どくしんもう)といわれ毒があります。うっかり、肌に触れるとかぶれてしまいますので、絶対に触らないでください。また、↑の毛虫は、タケノホソクロバという、笹や竹などに多く発生する毛虫です。こちらも、毒針毛を持っており ...
    投稿: 2020/10/19 7:10、丹羽隼
  • ミツバチの駆除 富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。10月に入り、季節もだんだんと秋めいてきましたが、当社では相変わらずハチの駆除業務を多く承っております。先日も、横浜市内のとあるマンションのベランダにハチが塊になっているとの連絡受けて、現場に急行いたしました。現場についてみると…ミツバチの大群が塊になって、ベランダの隅に営巣していました。早速駆除作業開始です!巣の周りをビニールで囲い出来るだけたちが外に逃げ出さないようにガードしてから作業を行いました。その後、ミツバチの大群めがけて、薬剤を噴霧しまずは成虫の駆除作業です。かなりの数がいるので、苦労しましたが退治できました。成虫の駆除後は、巣の撤去作業です ...
    投稿: 2020/10/20 8:14、丹羽隼
  • スズメバチ駆除 富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。当社では、7月~8月と、毎日のようにスズメバチ・アシナガバチの駆除依頼を頂いております。今回は、そんな駆除現場事例をご紹介致します。こちらの現場では、2階の軒下にキイロスズメバチが出来ていました。しかも、結構な高さにありましたが、二段梯子を使い、駆除を完了しました。駆除後の巣の様子です。巣の内部には、たくさんの幼虫や蛹がありました。この幼虫や、蛹たちが成虫となり、さらに今後巣を大きくしていきます。スズメバチの駆除は、出来る限り早く行った方がいいですね。別の現場です。「換気口から、ハチが出入りしている」とのご依頼でした。この様に、巣あるのか?見えない現場も多くあります ...
    投稿: 2020/08/25 16:55、丹羽隼
  • ベランダにハトの被害~現場施工事例~ 富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。今回は、ベランダにハトが住み着いてしまい、ヒナが産まれて鳴き声の騒音や糞害にお困りのお客様からご依頼を頂きました。↑の写真の様に、一般的によく見かけるハトですが、通称「ドバト」と言われる種類のハトです。日本古来の品種ではなく、原産は地中海沿岸の「カワラバト」と言われる種で、飼育しやすいように改良され野生化したのががこの「ドバト」です。江戸時代に輸入されてきた来たようです。“ハトは平和の象徴”などと言われることもありますが、自宅のベランダに住み着いてもらっては困りますね…今回の現場でも、かなりの糞害が見られました。ベランダの床は、もちろんですが、 ...
    投稿: 2020/07/27 13:58、丹羽隼
  • ムクドリの被害~現場事例~ 富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。今回は、最近問い合わせが多い、ムクドリ被害の現場事例を紹介します。ムクドリやハッカチョウなどの鳥は、この写真の様な雨戸の戸袋に巣を作ってしまう事がよくあります。巣を作り→卵を産み→ヒナを育て→巣立っていくと、まぁ、これだけなら野鳥好きの方などは、まぁいいかな?と思う人もいるかもしれません。しかし、ムクドリが戸袋に住み着くと、巣材としてたくさんの、枯草や枝を持ち込むので、雨戸の開閉が出来なくなることがあります。そくて、最も厄介なのが…上の写真の丸で囲った部分の白い点々…これ、何だと思ますか?この正体は…トリサシダニという“ダニ”なんです!もともと ...
    投稿: 2020/07/09 3:02、丹羽隼
  • 庭木の剪定・草刈り 富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。先日、アシナガバチの駆除作業を行ったお客様より、庭木の剪定をお願いされました。庭木の剪定は、本業!というわけではありませんが、お客様の困った事を出来る限り解決してあげたいので、作業させていただきました。庭木が、歩道に伸びてしまって通行人に当たってしまう事を気にされていました。剪定作業中…スッキリして、お客様にも喜んで頂きました。最後に切った葉や枝を回収して終了しました(^^)/また、別現場では駐車場の草刈りを行いました。こちらもすっきりして気持ちがいいですね(^^)/刈り取った草を回収して、終了です。この様な作業は、あまり多くは取り扱っておりませんが ...
    投稿: 2020/06/30 13:45、丹羽隼
  • チャドクガ駆除 富士ライフHPをご覧頂き、ありがとうございます。当社では、ここ数日チャドクガの駆除依頼をよく承っておりますので、現場事例を紹介します。先日、横浜市内のS様邸にて、チャドクガの駆除をさせて頂きました。チャドクガは、主に椿(ツバキ)や山茶花(サザンカ)に発生することが多い毛虫です。このチャドクガの毛は、“毒針毛(どくしんもう)”と呼ばれ、うっかり触ってしまうと…皮膚に炎症を起こします。また、迷惑なことに…食用旺盛で、小さなツバキなどでは、すぐに葉っぱを食べ尽くしてしまします。気が付くと、葉っぱが無くなり…丸坊主に…なんて事も起こります。この様な状態になると ...
    投稿: 2020/06/12 12:09、丹羽隼
  • ムカデなどの歩行性侵入害虫対策・SCキーパー取付け 富士ライフHPをご覧頂きありがとうございます。当社では、ムカデやヤスデなどの歩行性侵入害虫の対策として、ムカデ返し・SCキーパーの取付けを行っております。ムカデなどの歩行性の侵入害虫は、外から家の基礎を登り…わずかな隙間から侵入してきます。先日施工させて頂いた、鎌倉市の某お宅です。建物の裏側に山があり、日々ムカデの侵入に悩まれていました。取付施工事例をご紹介致します。写真は、ベースレールに下穴を開けている所です。建物の寸法に合わせて、カットします。基礎にコンクリートビスで固定していきます。ベースレールの取付完了(^^)/床下通気口からの侵入も考えられますので、ここの現場では、ハウスキーパーネットの取付けも行いました ...
    投稿: 2020/06/01 5:00、丹羽隼
  • シロアリ駆除施工~蟻道の中のシロアリ~ 富士ライフHPをご覧頂きありがとうございます。当社では、ここ数日シロアリ駆除施工を多く行っています。5月に入り、ヤマトシロアリの羽アリが飛び出す事で、シロアリの被害に気付くお客様も多く、この時期は予防処理ではなく、駆除施工を多く行います。シロアリ被害の多くは、床下にあるのですが…一般的なアリとは違い、シロアリは目視だけでは、見つけられません。シロアリは、光が苦手な事と、外敵から身を守るために、蟻道(ぎどう)と言われる、蟻のトンネルを作って建物の木部を食害します。この様な“蟻道”…中はどうなっているのでしょうか?蟻道を壊してみた動画がこちらです↓↓↓蟻道の中には、ヤマトシロアリがたくさん行列をなして ...
    投稿: 2020/05/21 6:50、丹羽隼
  • 羽アリ 富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。毎年、この時期になるとテレビやラジオで、シロアリ駆除のCMがよく流れるようになります。ご存じの方も多いと思いますが…それは、ヤマトシロアリが羽アリになって飛び出す時期だからなんです。↑↑↑写真の様な羽アリが、毎年この時期に飛び出していきます。シロアリは、普段、日の光が当たらない、床下や土の中にいるので、ご自宅がシロアリ被害にあっていても、なかなか気づく事が出来ません。ほぼ唯一、普通に生活している一般の方がシロアリ被害に気付く事が出来るのが、この羽アリを見つける事です。↑↑↑動画は、ヤマトシロアリの羽アリです。ご自宅で、この様な羽アリを見かけたら ...
    投稿: 2020/05/07 8:33、丹羽隼
  • ネズミ駆除・現場事例(捕獲・殺鼠剤編) 富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。前回に引き続きネズミ駆除作業の現場事例をご紹介致します。今回は、施工現場に設置した暗視カメラの動画もご覧ください。この様に、家屋に侵入したネズミは、床下や天井裏、壁の中を自由に歩き回ります。そして行動中に、おしっこや糞をしますし、電気配線等も齧ってしまいます。ネズミ駆除対策として、前回お伝えした閉塞工事と並行して行う事が…↓↓↓①食毒剤(毒エサ)の設置です。簡単に説明すると、毒を食べさせてネズミを殺す作業です。食毒材にも、いろいろなタイプがありますが、当社では現場に応じて食毒材を使い分けて駆除作業を行っております。②粘着トラップによる捕獲上記写真の粘着トラップの他にも ...
    投稿: 2020/04/15 8:49、丹羽隼
  • ネズミ駆除・現場事例(閉塞工事編) 富士ライフHPをご覧頂きありがとうございます。当社では、ここ最近ネズミの駆除依頼を多く承っております。今回は、いくつかの現場事例を交えて、家屋に侵入して来るネズミの対策等をご紹介します。建物に侵入し、迷惑をかけるネズミには、様々な見害が考えられます。・鳴き声や、物音等の騒音。・食べ物を齧られる。・壁や天井に穴を開けられる。・糞尿の被害。・天井裏等の電気配線を齧られる→火災の危険。この様な被害か考えられますので、決して放置しておくわけにはいきません。ネズミの侵入経路で、最も多いのが、写真の様な床下通気口です。この様に、小動物の侵入を防止する鉄格子が、劣化によって破損していると、かなりの確率でネズミが侵入してきます ...
    投稿: 2020/03/26 21:04、丹羽隼
  • アメリカカンザイシロアリの駆除事例 富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。ここのところ、HPの更新をサボってしまい…2020年最初の投稿になります。今年もよろしくお願い致します。今回は、アメリカカンザイシロアリの駆除事例をご紹介します。写真の様に、和室の鴨居の部分に食害が見られました。床には、粒状の糞が大量に落ちていました。この粒状の糞が、アメリカカンザイシロアリの特徴です。このよう粒状の物がたくさん落ちていたら、アメリカカンザイシロアリの被害にあっている可能性がありますので注意しましょう。和室以外にも、いろいろな個所に被害が見られました。こちらは、台所と居間を仕切る、引き戸のドア枠上部に、少しですが糞口が見られました ...
    投稿: 2020/02/18 5:23、丹羽隼
1 - 15 / 135 件の投稿を表示中 もっと見る »