お知らせ


ネズミ駆除・現場事例(閉塞工事編)

2020/03/26 21:04 に 丹羽隼 が投稿

富士ライフHPをご覧頂きありがとうございます。

当社では、ここ最近ネズミの駆除依頼を多く承っております。

今回は、いくつかの現場事例を交えて、家屋に侵入して来るネズミの対策等をご紹介します。



建物に侵入し、迷惑をかけるネズミには、様々な見害が考えられます。

・鳴き声や、物音等の騒音。
・食べ物を齧られる。
・壁や天井に穴を開けられる。
・糞尿の被害。
・天井裏等の電気配線を齧られる→火災の危険。

この様な被害か考えられますので、決して放置しておくわけにはいきません。


ネズミの侵入経路で、最も多いのが、写真の様な床下通気口です。

この様に、小動物の侵入を防止する鉄格子が、劣化によって破損していると、かなりの確率でネズミが侵入してきます。


侵入防止対策として、写真の様なステンレス風窓の取付けが有効です。

当社では、様々な床下通気口の侵入防止対策工事を行っております。


ステンレス製なので、錆びる心配もありませんし、細かいメッシュも入っているため、昆虫の侵入も防ぐ事が出来ます。


エアコン等の、配管が通っている場所でも、ステンレスネットを現場で加工して、取付けを行います。


ステンレスネットの取付けが難しい箇所には、写真の様な穴の開いた金属板(パンチメタル)等でも、閉塞工事を行います。


また、出窓や戸袋の下などに、隙間が見られるケースもあります。


この様な場合も、パンチメタルを使い、閉塞工事を行います。


見栄えもよく閉塞し、お客様にも喜んで頂きました。



床下通気口の他に、配管等の隙間からの侵入も、よく見られます。


ネズミ駆除では、この様な侵入経路を断つことがとても重要です。


狭い場所の作業も、頑張ります(^^)/



床下通気口のサイズが大きく、ステンレスネットが取り付けられない場所などに、この様なメッシュで閉塞する場合もあります。




また、室内へネズミが侵入して来るケースも多く…
床下や、天井裏に侵入したネズミが、こんな所から室内へ出てくることもあります。


こちらの現場では、コンセント周りのカバーが付いていなかったので、取付けを行いました。



さらに、押入れの天井板などの薄い木材は、簡単に食い破って侵入してきます。


写真でもわかる様に、穴の開いた下の壁面に、黒く汚れている場所があります。

これは、ネズミが何度も通ることで、その部分に汚れが付き黒くなっています。この様な汚れをラットサインと呼びます。



こちらの現場では、天井の板を、当初の物より厚い素材に取り替えました。

また、天井裏の点検や駆除作業が行えるように、天井点検口の作成も行いました。



当社では、この様な閉塞作業と、捕獲・殺鼠作業を並行して行っておりますので、ネズミでお困りの方がいらっしゃいましたら是非ご相談下さい。


捕獲作業や殺鼠剤の使用等は、次回書きたいと思いますので、そちらも見て下さい(^^)/

最後まで読んでいただきありがとうございました。

アメリカカンザイシロアリの駆除事例

2020/02/18 5:04 に 丹羽隼 が投稿   [ 2020/02/18 5:23 に更新しました ]

富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。

ここのところ、HPの更新をサボってしまい…2020年最初の投稿になります。


今年もよろしくお願い致します。


今回は、アメリカカンザイシロアリの駆除事例をご紹介します。

写真の様に、和室の鴨居の部分に食害が見られました。

床には、粒状の糞が大量に落ちていました。

この粒状の糞が、アメリカカンザイシロアリの特徴です。

このよう粒状の物がたくさん落ちていたら、アメリカカンザイシロアリの被害にあっている可能性がありますので注意しましょう。


和室以外にも、いろいろな個所に被害が見られました。

こちらは、台所と居間を仕切る、引き戸のドア枠上部に、少しですが糞口が見られました。


アメリカカンザイシロアリの被害は、天井裏にも及んでいることが多いので、天井裏を調査したかったのですが…

こちらのお宅には、点検口が無かったので、お客様と相談し、一番被害の多かった和室に新規作成する事にしました。


恐らく、天井裏にも被害があると思われました。


点検口作成作業、当社ではこの様な作業も自社で行っております。


天井裏点検口の完成です♪


天井裏を調査すると、やはり被害にあっていました。

家の屋根を支えている梁や、小屋組みなどにアメリカカンザイシロアリによる食害が見られました。


そして、この様に大量の糞が落ちていました。



◆ここからは、後日行った駆除作業です。
まず被害材を、ドリルで穿孔していきます。


穿孔した穴に、フォーム剤(泡の薬剤)を注入します。

すると、被害材の中で泡が広がっていき、内部に潜んでいるアメリカカンザイシロアリを駆除する事が出来ます。


また、フォーム剤とは別に忌避性の無い液剤も使用しました。

この様に2種類の薬剤を使って駆除作業を行いました。


そして、糞の清掃も行いました。

糞を清掃しておくことで、次回点検した時に新たな糞があるか無いかを確認できますね。


天井裏の作業が終わると、和室の鴨居を取り外しました。

ここは、被害が大きかったので一部解体することにしました。


壊していくと…中に大量のアメリカカンザイシロアリがいました!


本州で一番よく見かける、ヤマトシロアリに比べるとかなり大きいです。

さすが、アメリカサイズ…


YouTube 動画

捕まえた、アメリカカンザイシロアリの動画はこちらです。


台所のドア枠も、一部取り外しました。


あらゆる個所を、念入りに消毒作業。


しっかりと、薬剤注入を行います。


◆そして数日後に、修繕作業を行いました。
前回作業後の状況をチェックし、新たな糞などは落ちていないようでしたので、
解体した和室の鴨居と台所のドア枠を修繕していきます。


現場で材料をカットし、取り付ける。


台所のドア枠修繕中。

ぴったりです(^^)/


和室の鴨居も、取付け直しました。


取付けた材料を、周りの色と合うように塗装します。


和室の鴨居・修繕後です。


台所のドア枠・修繕後です。


作業後、お客様にも喜んで頂き嬉しく思っております。

当社では、シロアリ駆除作業はもちろんの事、この様な修繕工事も行っております。

シロアリ被害でお困りの方がいらっしゃいましたら、是非ご相談下さい。

天井裏から物音…正体は?

2019/12/13 5:25 に 丹羽隼 が投稿

富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。

当社では、ここ最近「天井裏から物音がする」とか、「壁や屋根裏に何かいる」といった相談を多く受けております。


寒くなってくるこの時期、外にいる小動物がどこかの隙間から侵入してきているケースが多くあります。


その正体は…


ハクビシン!


アライグマなんてこともありますが…


ネズミの場合も多くあります。


また、天井裏には電気配線が多くあり、ネズミはその電気配線を齧ってしまう事もあります。


この様な場合、当社ではまず、どこから建物に侵入してきているのかを特定します。


よくあるのが、床下通気口です。

鉄製の格子が経年劣化で折れてしまい、小動物の侵入経路となっています。


こんなケースもあります。

格子はちゃんと付いていますが…上部に隙間が見られます。

恐らく、建てたときからこの様な状況だったのでしょう…これでは、ネズミならいとも簡単に侵入出来ます。


当社では、床下通気口の場合、写真の様なステンレスネットを取付し床下の通気を損なうことなく閉塞するケースが多くあります。



また、上の写真の様な屋根の隙間からもネズミやハクビシンは侵入してきます。


人の握りこぶし、グーが入る隙間があれば、ハクビシンほ侵入してきますので、注意しましょう!



別の現場ですが、築年数の経過している建物では、この様な屋根と軒の隙間がある場合があり、そこからハクビシンやネズミは侵入してきます。


この様な場合は、写真の様にパンチメタルや金網・板金等で閉塞致します。


また、エアコン配管や配線の隙間などからの侵入。


壊れた壁の隙間などからも、侵入して来ることがあります。


当社では、ネズミやハクビシン等の動物侵入対策や糞等の処分・消毒殺菌処理なども多く取り扱っておりますので、お困りの方がいらっしゃいましたらご相談下さい。


また、小動物の侵入にお困りでない方も、たま~に御自宅の周りを点検して、破損個所など無いか確認してみるのもいいかもしれません。

スズメバチが集まる植物(ヤブガラシ)

2019/10/01 19:03 に 丹羽隼 が投稿   [ 2019/10/03 10:40 に更新しました ]

富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。

今回は、スズメバチが集まる植物のヤブガラシの撤去作業事例をご紹介します。


↑↑↑ヤブガラシはブドウ科つる性の多年草(冬になっても枯れない雑草)です。

荒地・空き地・土手などいたる所に自生し、葉とともに巻きひげが伸びて他の物に絡みつき、覆いかぶさりつつ繁殖していきます。

ツルの長さは2~3m程まで成長して、夏場にはフェンスや金網に撒きついている姿がよく見られます。

6~8月にかけて花を付け、その後多数の小さな果実を付けます。


このヤブガラシの花の蜜は、スズメバチの大好物なのです。

写真では、コガタスズメバチがおいしそうに蜜を飲んでいますね(^^)/


横浜市内Y様邸の裏庭にもたくさんのヤブガラシが生息していました。

そこに、コガタスズメバチ・キイロスズメバチ・アシナガバチなどたくさんのハチが毎日飛んできてたので、
近所の方から「ハチの巣があるのでは?」と言われて、当社に相談がありました。

しかし、ハチの巣はなくヤブガラシが原因だったので、ヤブガラシの撤去と植木の剪定作業をご依頼いただきました。


作業の様子です。

かなりの植木を切りました(^^)/



基本的に、花の蜜を吸いに訪れているスズメバチは、目的が蜜の採取なので危険性はないと言われていますが…

ヤブガラシが多くある場所には、たくさんのスズメバチが飛んできますので近所の方などから指摘されることがよくあります。偶然触れて刺されてしまう事も考えられますし、攻撃しているつもりがなくても攻撃されたと思われて襲われる事もあるかもしれません。

当社では、この様な現場対策も行っておりますので、スズメバチやヤブガラシなどでお困りの方がいらっしゃいましたら、ご相談ください。

迅速に対応させていただきます。

スズメバチ駆除~現場事例②

2019/08/27 6:52 に 丹羽隼 が投稿   [ 2019/08/27 7:00 に更新しました ]

富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。

今回もスズメバチ駆除の現場事例(難防除現場)をご紹介致します。


こちらのキイロスズメバチの巣は、横浜市内のとある施設での駆除現場でした。

一見、やや大きめの巣ですが、巣全体が見えていますし、比較的簡単な駆除に思えますが…




作業場所が、かなり高所にありました。

ハシゴの足元が写っていないのが残念ですが…

実は、階段の狭い踊り場に、2段ハシゴをかけての作業でした。

なので、途上からは…10m位はあったと思います!

ハシゴが倒れないよう、しっかりと固定して作業を行いました。




駆除後のキイロスズメバチの巣です。

巣が大きかったので、ハチの数も多く、戻りバチの駆除にも時間を使いましたが、しっかりと駆除出来てよかったです。

お客様にも喜んでいただきました。




こちらの現場は、横浜市内K様邸です。

2Fの出窓上部に20㎝ほどのキイロスズメバチの巣がありました。


しかし20㎝の巣にしては、飛び交うスズメバチの数が多いことが気になりました。




出窓から、身を乗り出し薬剤注入などで駆除を行ってから、巣を取り除いてみると…

あれ?

出窓上部に隙間が!


しかも、中に巣がまだある事に気が付きました。


飛び交うスズメバチの数が多かった訳が分かりました。




このまま、薬剤注入だけで作業を終わらせる事も出来ますが、それでは残った巣の中にいる幼虫などが壁の中で腐ってしまいます。

当社では、基本完全駆除を行っていますので、室内の壁を一部開口して巣の撤去作業を行う事にしました。




内装の壁をカットしていきます。




開口できました。

断熱材をめくってみると…




見事!巣がありました。

写真では、うまく映っていませんが、30cm程の巣でした。




撤去後のキイロスズメバチの巣です。




スズメバチが侵入していた、出窓の隙間も内側にメッシュの金網を入れ外側からコーキング材で閉塞しました。





最後に、開口した内壁の復旧作業です。

開口した個所の周辺を補強していきます。



壁用点検口に合うように、切り出した内装石膏ボードをカットしていきます。




最後に、モール材の点検口を取り付けたら完成です!


出来栄えもよく、お客様にも喜んで頂き嬉しく思っております。


当社では、この様な壁の中のスズメバチの巣なども完全駆除及び復旧作業も行っております。


スズメバチ・アシナガバチの巣が出来てしまいお困りの方がいらっしゃいましたら、是非ご相談ください。

スズメバチ駆除~現場事例①

2019/08/16 6:27 に 丹羽隼 が投稿   [ 2019/08/16 6:33 に更新しました ]

富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。

当社では、7月~8月は連日、ハチの駆除依頼を頂いております。


こちらは、軒先にできた、キイロスズメバチの巣です。

この様に、外から見えている巣でしたら、比較的簡単に駆除を行うことができます。



駆除後のスズメバチの巣です。

こちらの現場での作業時間は、20分ほどでした。

素早く駆除を行うことで、巣の中にいるスズメバチを外に逃がすことなく、駆除が出来るのです。


しかし今回は、難防除現場の施工事例をご紹介致します。


横浜市内のF様邸です。

玄関ホールの天井の隙間から、スズメバチの出入りがある現場でした。



近づいてみると…ありました!この隙間から、天井裏に侵入していました。



実際の巣の位置は見えませんでしたが、長年の経験上でこのあたりに、巣があると思われます。

先ほどの隙間から、薬剤を注入し天井を開口することにしました。



ハチの防護服を着ながらの、開口作業はかなりきつい作業ですが、根性で頑張りました。



モルタル仕上げの天井なので、割れないように慎重に作業を行いました。



開口してみると…思った通り!!巣がありました。

しかも、以前に鳥の侵入もあったようで、草などの巣材も多く出てきました。



スズメバチの巣と巣材を全て撤去しました。

この作業の間も、戻りバチが多く帰ってくるので、防護服は着たままの作業です。



巣の撤去後の様子です。

奇麗に取り除く事が出来ました。



撤去後のキイロスズメバチの巣。



捕獲された戻りバチ。

可能な限り、戻りバチを捕獲しました。



最後に、開口した個所に、天井裏点検口を作成し作業終了しました。

お客様にも喜んでいただき、嬉しく思っております。


スズメバチやアシナガバチの駆除でお困りの方は、当社にご相談下さい。

迅速に対応させていただきます。

庭木の剪定&草刈り

2019/08/06 17:25 に 丹羽隼 が投稿

富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。

今回は、庭木の剪定と草刈りを行った現場の施工事例をご紹介いたします。

こちらが、横浜市内S様邸です。

庭木が伸びてしまい、雨戸シャッターが閉まらなくなっていました。


裏庭も雑草の伸び放題ジャングルと化していました。


それでは、早速作業開始です!


庭木の剪定。


頑張って作業中!


半日強の作業でしたが、暑さで死にそうになりました(笑)




それでは、ビフォーアフターです↓↓↓

















当社では、この様なお庭のお手入れもさせて頂いております。


お庭の雑草対策など、是非ご相談ください。

巨大蛇を捕獲せよ。

2019/07/09 5:05 に 丹羽隼 が投稿

富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。

当社は、スズメバチ・シロアリ・ネズミ・ゴキブリ等の駆除作業や、新築住宅へのシロアリ予防工事がメインの仕事ですが…

珍しい動物の駆除依頼もあります。


今回は、先日駆除を行った「アオダイショウ」の捕獲現場事例です。

写真を見て、ギョッとする方もいるかもしれませんが…

上の写真のアオダイショウが、家庭菜園の網に絡まっているので駆除してほしいとの連絡をいただきました。


至急現場に駆けつけてみると!!!

見事に網に絡まっている体長1メートルはあると思われる巨大なアオダイショウがいました。


長い時間、網に絡まっていたせいか、かなり弱った様子でしたので、アオダイショウの体を傷つけないように、慎重に網を切断しました。


無事に救出すると逃げようとしたので、急いで捕獲!

ちょっとビビりましたが(笑)


何とか捕獲に成功しました(^^)/


アオダイショウは、日本の在来種で、近年個体数が減っている動物の一つです。

日本のレッドデータでも、準絶滅危惧種に指定されていますので、殺さずに現場からかなり離れた山林にて放してあげました。


当社では、ヘビの駆除は、積極的には行っておりませんが、困っているお客様の為に対応させていただいております。

窓枠のシロアリ被害・消毒作業~修繕工事

2019/07/01 7:52 に 丹羽隼 が投稿

富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。

今回は、窓枠のシロアリ被害の作業事例をご紹介いたします。

横浜市内のS様邸の浴室窓です。

シロアリの被害によって面格子が外れしまっています。

近くで見ると…木製の窓枠が完全に無くなってしまっています。

シロアリの被害も心配ですが、これでは壁の中に雨などが侵入してしまいます。

と、いう事で…浴室と洗面所の面格子を取外し、被害にあった窓枠を取り外します。

本当は、外壁も壊して、壁内部の柱や間柱・土台等の状態も見れれば良かったのですが…今回はご予算の都合上、窓枠だけの修繕となりました。

被害箇所を取り除きました。

外壁との隙間から柱を確認しましたが、柱は大丈夫そうでした。

取り除いた窓枠の隙間や、外壁に小さく穴をあけて、薬剤の注入処理を行います。


その他、床下から作業できる場所は、床下に潜って薬剤処理を行いました。

シロアリ駆除なら、お任せください(^^)/


その他、和室雨戸のドア枠も被害にあっていました。


被害箇所を切断し、消毒作業を行います。


消毒後しばらく乾燥させてから、外壁のひび割れや新しい窓枠との隙間にコーキングを行います。


和室雨戸のドア枠にも。


新しい、窓枠を入れたら塗装します。


和室雨戸のドア枠も慎重に取り付け。


浴室窓枠

和室雨戸のドア枠


洗面所窓枠


最後に面格子を元通りに取り付けて作業終了しました。


お客様にも喜んでいただき、嬉しく思っております。



当社では、シロアリの駆除・予防作業はもちろんの事、この様な修繕工事も行っておりますので、シロアリ被害でお困りの方がいらっしゃいましたらご相談ください。

調査、お見積りは無料にて行っております。

屋根にスズメの巣

2019/06/07 7:26 に 丹羽隼 が投稿

富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。

今回は、屋根の中にスズメが巣を作ってしまった現場の施工事例です。

こちらが、お馴染みのスズメです。

とてもポピュラーな野鳥ですね(^^)/

スズメ自体は、特に人間に害を与える鳥ではないのですが…


今回は、写真の様な軒天の破損部分から、侵入し中に巣を作ってしまっていました。


破損個所を、一部剥がして内部を確認したところ…!?

巣材はありましたがヒナや卵はありませんでしたので、そのまま巣材の撤去を行いました。(^^)/

※(ヒナや卵があると、鳥獣保護管理法に触れてしまうので、勝手に取る事が出来ません。)


傷んでいた箇所を切り取り→掃除を行いました。

まだ、スズメが侵入して数日だったこともあり、糞などもそれほどありませんでした。


取り出した巣材がこちらです。

鳥が巣を作ると、ダニの発生がありますので、しっかりと内部を消毒作業!

最後に、新しい軒天の板をはめて…


隙間をコーキングしました。


完成!!

もうこれで、スズメはもちろん、その他の鳥類やスズメバチなどの虫たちも侵入できませんね(^^)/



最後に、ビフォーアフターです。



当社では、この様な鳥の侵入対策や小さな修繕工事も行っておりますので、お困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。

迅速に対応させていただきます。

1-10 of 122