お知らせ‎ > ‎

アメリカカンザイシロアリ

2016/03/25 6:17 に 丹羽隼 が投稿
横浜市内の某マンションのリフォーム現場にて、
「床の木部から、粒状の物がたくさん出ているので見てほしい」とのご依頼を頂きました。

※写真をクリックすると、大きく表示されます。

写真では、分かりにくいですが、木部から小さな粒粒がたくさん出ていました。
これは、アメリカカンザイシロアリ特徴です。

被害材を切断してみると…中が空洞に!

そして、穴からアメリカカンザイシロアリが出てきました!

しかも大量に!!

ぎゃ~~~~!!たくさんいる!!

1本の間柱から、推定100匹ほどのアメリカカンザイシロアリが出てきました!

関東でのシロアリの被害は、ヤマトシロアリによるものが殆どです。
ヤマトシロアリやイエシロアリは土の中にいて、建物の床下から侵入してくるので、消毒や予防処理は床下に行います。

しかし、このアメリカカンザイシロアリは、羽蟻が飛んできて、ダイレクトに木部に潜り込みます!
なので、床下を処理していても関係なく被害にあってしまします。

この現場も、鉄骨のマンションの2階でした。

予防する事が難しいシロアリで、駆除作業も非常に困難です。

こちらの現場では、リフォーム中という事もあって、被害材を全て撤去し、
新しい木材に予防の処理をさせて頂きました。

アメリカカンザイシロアリの他にも、キクイムシやシバンムシの仲間など、
被害材から粒状や粉状のものを出す害虫もいますが、

天井から小さな粒が落ちてきたり、屋根裏に粒子状のものが溜まっていたりしたら、
アメリカカンザイシロアリの可能性がありますので、当社にご相談ください。

現場調査させて頂きます。
Comments