お知らせ‎ > ‎

床下調湿炭の敷き込み~床下環境改善~

2021/06/10 5:52 に 丹羽隼 が投稿   [ 2021/06/10 5:55 に更新しました ]
富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。

梅雨の時期、湿気が気になる季節になりました。


今回は、床下に調湿材の木炭敷き込み現場事例をご紹介致します。



先日、シロアリ消毒をさせて頂いたT様邸です。

和室の床下に湿気がとても多く、畳を上げて床板を開けると…カビ臭いにおいが室内に込み上げてきました。





作業前の床下の様子です。

ここに防湿シートを敷き込んでから、調湿用の木炭を敷き込んでいきたいと思います(^^)/





床下に敷き込む、防湿シートを部屋の大きさにカットしてから、床下に持ち込みます。





防湿シート敷き込み作業中!





防湿シート敷き込み後。




別アングルで、もう1枚。

和室8畳間と6畳間、そして床の間と押入れ下、全9坪にシートを敷き込みました。





ここから、床下に調湿材の木炭を敷き込んでいきます。

写真の量が9坪分の木炭になります。





写真が暗いですが、木炭の敷き込み作業中です!


丁寧に、向きもそろえて、設置していきます(^^)/





木炭と言っても、BBQなどの炭を直接床下に撒くわけではなく、写真の様に袋状になったものを設置していきます。

45㎝四方の座布団を敷きならべるようなイメージですね。




袋の中には、高温で焼かれた木炭が砕かれた状態で入っています。

この炭が、床下の湿気やカビなどを吸着して環境を改善してくれます。





写真の様に木炭を、1坪に対して16枚。

9坪分なので144枚敷き込ませていただきました。




この様に、当社では床下の環境改善のにも力を入れておりますので、床下がカビ臭い・押入れが臭う…などといった場合に御提案させていただいております。

現場の調査、お見積りまでは無料で行っておりますので、気になる方はお気軽にご相談下さい。

迅速に対応させて頂きます。

m(__)m
最後までお読みいただきありがとうございました。m(__)m
Comments