お知らせ‎ > ‎

クロスズメバチ

2016/10/03 21:46 に 丹羽隼 が投稿
9月末に横浜市内のT様邸にて、クロスズメバチの駆除を行いました。

当社では年間100件近くハチの巣の駆除を行いますが、クロスズメバチに遭遇することは稀です。

クロスズメバチは、体長10mm~15mmと他のスズメバチに比べても小さく、一見ハエ?の様にも見えます。
攻撃性もさほどなく、おとなしいスズメバチですが、刺されると大変です。

こちらのお宅では、和室内に侵入し施主様が3回も刺されてしまいました。
調査の結果、和室の床下に巣がある様でした。

畳を上げてみると…巣の一部が見え、隙間からクロスズメバチが出てきました!

しかし、このままでは巣の撤去が行えないので↓↓↓
床板を開口します。
すると、巣が見えてきました。

さらに、もう一枚床板を外します↓↓↓
かなりの大きさのクロスズメバチの巣がありました!

薬剤で成虫を駆除し、巣の撤去を行いました。

駆除後の巣の様子です。
幼虫や蛹もたくさんたので、ここで活発に繁殖していたことが分かります。

駆除後のクロスズメバチ。

お客様も、自分の家の床下にこんなに大きなスズメバチの巣があって驚いていました。

巣の完全撤去が行えた事に、とても喜んで下さいました(^^)/

10月に入り、スズメバチは世代交代の時期になります。
この時期、新たな女王蜂が誕生し、その女王を守る為、他の働き蜂は攻撃的になっていきます。

ハチに刺されやすくなる時期になりますので、注意しましょう!

スズメバチ・アシナガバチの駆除でお悩みの際は是非当社にご相談ください。
迅速に対応させて頂きます。
Comments