お知らせ‎ > ‎

ミツバチの分蜂

2018/07/19 5:59 に 丹羽隼 が投稿   [ 2018/07/19 6:18 に更新しました ]
富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。

毎年夏のこの時期は、スズメバチやアシナガバチの駆除依頼を多く受けていますが、

今回は、ミツバチ駆除の現場事例をご紹介します。

ミツバチは、上記写真のように突然大群で群れを成して塊を作ることがあります。

これは分蜂と言って、ミツバチの巣別れの事です。

通常ミツバチの巣には女王バチは1匹しかいません。
なので、新しい女王バチが生まれると、今までの旧女王バチは、巣にいる働きバチの半分を引き連れて、新しい巣を作るために引っ越しを行います。

また、長距離を移動できるように、働きバチ達は、体にいっぱい蜜を蓄えて移動します。
ミツバチは、この様な習性を持って繁殖を行っています。

自然界では、植物の受粉を行うとても大切な存在です。

しかしここは…マンションの立体駐車場の制御盤…

このままここに巣作りされては、住人の方が困ってしまいます。

少々心苦しい部分もありましたが、害虫駆除が私たちPCOの仕事ですので、素早く作業させていただきました。
全部で何匹いるんだろう?と思うくらいの数のミツバチたちが一つの塊になっていました。


制御盤のボックス内にもたくさんのミツバチがいました。

外敵が侵入しずらい、小さな入り口があってその中に空間が広がっている、この制御盤がミツバチたちには、新しい巣作りに好都合だった様ですね。


全てのミツバチを退治させていただきました。

これで、マンションの入居者様も安心です。


駆除後のミツバチです。


45ℓのゴミ袋、3分の1くらいの量になりました。

1匹1匹が、お腹に蜜をたくさん持っている為、かなりの重量でした。

そして、はちみつのあま~い匂いがしていました。


自然界にとって大切な存在のミツバチ駆除は、積極的に行ってはおりませんが、この様な現場にも対応させていただいております。
Comments