お知らせ‎ > ‎

ムカデ侵入対策~SCキーパーの取付け事例~

2021/08/05 18:54 に 丹羽隼 が投稿
富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。

今回は、2021年6月に施工させていただいた、ムカデ返し‟SCキーパー”の取付け施工事例をご紹介致します。



家のちょっとした狭い隙間を通り抜けて、室内に侵入してくる気持ち悪い虫…ムカデ!

気持ち悪いだけではなく、噛まれると毒があるので、非常に危険です。






写真の様に、築年数の浅い新しい住宅であっても、玄関や勝手口のドアの隙間や、基礎水切り下の床下通気用の隙間などから建物内に侵入してきます。

また、家の裏手に山や雑木林がある住宅は、ムカデの被害が多き傾向にある様です。


こちらのお宅でも、梅雨時期からムカデの侵入があるとの事で、ムカデ返し‟SCキーパー”の取付工事を承りました。






作業は、まず水切りの下部分にベースレールを取付ていきます。





コンクリートビスで固定していきます(^^)/






家の形に合うように現場で、加工作業を行いながら作業を進めていきます。





取り付けたベースレールの裏側に隙間が出来ないように、コーキング剤にてシーリングを行います。





ベースレールの溝に薬剤を充填していきます。

(施工後の薬剤交換も可能です。)






薬剤充填後の様子と、コーナー金具。





最後に、カバーレールを全体に取り付けて作業完了となります。





それでは、施工前と施工後のBefore→Afterをご覧ください。











こちらは、別現場のBefore→Afterです。↓↓↓









この様に、ムカデ返し‟SCキーパー”は、建物の美観を損ねる事無く施工できますので、お客様にも喜んで頂いております。


室内にムカデがよく出る方や、建物の裏側が山など、ムカデやヤスデ、ダンゴムシなどの歩行性侵入害虫対策でしたら、当社にご相談下さい。

現地調査、お見積りをさせて頂きます。



最後までお読みいただきありがとうございました。m(__)m
Comments