お知らせ‎ > ‎

スズメバチの駆除事例

2017/10/11 7:13 に 丹羽隼 が投稿   [ 2017/10/11 7:19 に更新しました ]
先日ニュースで、「車いすの高齢の女性がスズメバチに150ヶ所以上刺されて死亡する。」といった大変ショッキングなニュースがありました。

私も、ほぼ毎日スズメバチの駆除を行っておりますが、巣を作られてしまった家の施主さんが、刺されてしまっているケースがよくあります。

これは、先日駆除を行った60cm程のキイロスズメバチの巣でした。

この家の施主様もこのスズメバチに刺されてしまいました。

今の時期は、スズメバチの巣も大きくなり、ハチの数もかなり多くなっています。

うかつに近づいたり、巣に刺激を与えたりすると、一斉にハチが襲い掛かってきます。

このような巣を見かけた場合、絶対に近づかないでください。

駆除作業中も大量のスズメバチに囲まれながらの作業でした。

作業後のキイロスズメバチ巣です。
育房が7層もありました。


スズメバチの駆除は、上の写真のような巣全体を撤去してしまう完全駆除が、基本ですが…

中には、スズメバチはたくさんいるけど、巣が見当たらない現場もあります。

これは、横浜市内の某公共施設の入り口にあるヤマボウシの木です。

この木に大量のスズメバチがいました。
しかもよく見てみると…コガタスズメバチにキイロスズメバチ…アシナガバチまでたくさんのハチが葉にとまっていました。

しかし、この木にハチの巣はありませんでした。

今の時期になると、よく見られる現象です。

これは、肉食のスズメバチやアシナガバチが、餌となる昆虫や毛虫を捕まえに来ているからなのですが、それにしても多くのハチがヤマボウシの木にとまっていました。

しかも、公共施設の入り口ですので多くの人が出入りする場所です。

施設の方からも、何とかしてほしいとお願いされました。

そこで、ハチが飛んでこない夜になってから作業開始しました。

施設の方の希望で、まずは剪定作業です。

※植木屋さんではありませんが…何でもやります!富士ライフ!

手慣れたものです(^^)/

そして、消毒作業。

ハチの餌となっていたものは、恐らくアメリカシロヒトリと思われます。

こちらが、アメリカシロヒトリです。

スムーズに作業完了できました。

翌日から、スズメバチは1匹も飛んで来なくなったとお聞きしました。

これで、施設を利用される方も安心してここを通れますね(^^)/


当社では、この様なスズメバチ対策も行っております。
ハチでお困りの際は、是非ご相談ください。迅速に対応させていただきます。
Comments